歯科医院の処置室

義歯

​義歯・入歯とは

当院では患者様の入れ歯に関するお悩みを解消し、納得いただける入れ歯を作る為に、さまざまな装置・技術・材料を吟味し、患者様にあった入れ歯つくりを行っております。

入れ歯は大きく、部分入れ歯と総入れ歯に分けられます。それぞれ、歯科用プラスチック(レジン)を使った保険適用のもの、特殊な素材・技法を使った保険適用外のものが存在します。

部分入歯

歯を1~数本失ってしまった、そういう箇所がいくつかある、という方は部分入れ歯の適応となります。保険適用の部分入れ歯の場合、金具で周囲の歯に支えられて安定を得ます。

部分入歯の模型

総入歯

上顎、もしくは下顎の歯が一本もないという場合には、総入れ歯の適応となります。総入れ歯の場合、金具はありません。

総入れ歯の模型

商品的な紹介

歯のアイコン

フレキサイト

フレキサイトは、アメリカRapid Injection System社によって開発された約30年近くの臨床実績を持つ、今迄と全く違うユニークな義歯床用樹脂です。弾性樹脂を使用しているため、歯牙をしっかり挟み込み留め金を使う必要がありません。商品自体も非常に軽く、装着による違和感が少ないもの特徴です。

1歯 80,000円~

入歯装着フレキサイト使用前と後
歯のアイコン

コーヌスクローネ

コーヌスクローネは、既存の歯に二重に冠をかぶせることで入れ歯のがたつきをなくし、浮き上がらずしっかり固定されるものです。取り外しが可能な装置なので、掃除が出来清潔に保つことが出来ます。

150,000円~

コーヌクローネの義歯の模型
歯のアイコン

アタッチメント

アタッチメントの特徴としては、安定性に優れ噛みやすく、違和感なく装着できるのが特徴です。また金属部が見えず見た目も美しく保つことが出来ます。

150,000円~

アタッチメントの義歯